I w 邸
構造規模:木造、RC造、地上2階地下1階、最高高さ6.2m、
       敷地面積71.07u、建築面積33.95u、 延床面積84.97u
竣  工:2009年 9月

防音仕様
地上階は木造であるため、地下に音楽室を配置し隣地への音漏れを防いでいる。
また床面のみ浮き構造を採用している。

室内音響
打楽器奏者のための練習室であるため、吸音を優先させた計画としている。
壁面は背後にGWを仕込み、8mmのケイカル板と有孔ケイカル板を市松状に配置し、天井面は全て有孔ケイカル板とすることにより吸音効果を高めている。カウンターのある壁面にはポリエステル繊維吸音材(シンセファイバー)を張り完全吸音面としている。
また階段部の壁面に設けた木製リブにより音を拡散させている。
1、2階は住宅、地下1階は音楽室という構成。
住宅部はコンパクトな構成ながらも吹抜空間を利用し開放的な空間が広がる。
音楽室はプロの打楽器奏者のための練習室であり、近隣への影響を考え地下室に配置し、吸音を優先させた計画としている。